最新情報News & Blog

最新情報News & Blog

筑波大学看護学類(一般前期)合格体験記〜センター国語得点率50%から合格した人の体験記〜

2022.11.08

筑波大学看護学類(一般前期)合格体験記〜センター国語得点率50%から合格した人の体験記〜

あなたのプロフィールを教えて下さい

名前:S.T.
出身高校:江戸川学園取手高校
学部:看護学類
入学年度:2014年
入試形式:一般受験(前期試験)
併願校:なし
おすすめ参考書:センター試験→物理のエッセンス、大宮理の化学が面白いほどわかる本シリーズ、Data Base 4500、センター試験赤本
所属:なし
部活の引退時期:-

 筑波大学を選んだ理由(志望動機)を教えて下さい。

もともと、筑波に住んでいたというのが一番大きな理由です。
自分になじみのある地域で大学生活を送りたいと思っていたので…
つくばの都会すぎず、田舎すぎないところが大好きです。
後は、すべての学類が一か所に集まっているというのも大きいです。
自分の進む分野だけではなく、いろいろな学類の人と触れ合うことで、自分の視野が広がると思ったのでここを選びました。

センター試験への対策として、おすすめの勉強法を教えて下さい。

どの科目にも関わらず、初めは大問ごとに分けて最後まで解ききるというのを何度も繰り返すことだと思います。
初めは時間をかけてゆっくりと…。
そして慣れてきたら、時間を決めて時間内に解けるようにし、最終的に試験の時間内に収まるようにしていくことです。

二次試験への対策として、おすすめの対策を教えて下さい。

過去問をある分だけ解くことです。
問題慣れしておくことが大事だと思います。
面接も志望理由や筑波大志望理由などを細かいところまで考えておいた方がいいと思います。
後は、リラックス!!(笑)

不得意科目と克服方法を教えて下さい。

私は古文・漢文が特に苦手でした。
古文は最重要単語から順に覚えていきました。
単語をある程度覚えて文がある程度わかるようになったら、主語は誰/何なのかを明白にするようにしていました。
漢文は、白文をすべてノートに書き写して、書き下し文にしていくというのを何度もやりました。

モチベーションが落ちた時に、どうやってモチベーションを上げましたか?

自分の大学生活を想像したり、やりたいことを叶えている姿を想像していました。

筑波大学の受験全体を通して、もっとこうしておけば良かったと今、感じることはありますか?

二次試験の対策をセンター試験後からではなくもっと早くからやっておけばよかったかなとは思いました。
私は、センター試験の国語を中心に勉強をしていたため記述の練習があんまりできなかったので…。

今の学群・学類に入って良かったと思えることは何ですか?

看護学類でのメリットは、一年から病院のアルバイトができ、実際に医療現場に立つことができることだと思います。
また、医学等に限った話ではないですが、全体的にサテライト室や図書館が充実しているのはとても大きいです。
医学図書館がこの夏からリニューアルしたので是非いってみたいですね。

今の学群・学類に入ってギャップはありましたか?

授業中でも雑談したり、スマホをいじる人が多いと思いました。
あと、今の学類とは関係ないのですが、移動時間が思ったよりも短いのと、バスがそんなに使えないことに気づいてショックだったりします。

筑波大学入学後、特に力を入れている活動はなんですか?

活動というより、自分の趣味に力を入れている気がします(笑)
物を作ったり本を読むのが好きなのでそっちに時間を多く使うようになりました。

将来の夢を教えて下さい。

病院で看護師として働くことです!
良い看護とは何かをこの4年間で模索したいと思っています。

筑波大学を受験する皆さんに熱いメッセージ・アドバイスなどをお願いします!

今が一番大変な時だとは思いますが、ここを乗り切れたら楽しい大学生活が待っています。
いっぱい自由な時間もあり、やりたいことも存分にできるようになるので、頑張ってください!

筑波大前期入試対策セミナー[無料]